パーソナライズ刺繍パッチ&刺繍バッジ

刺繍ワッペンは現在最も人気のあるDIY製品の一つです。糸と布を組み合わせて模様を作り上げる製品です。以前と違い刺繍の精度が高くなりファッションアイテムとしても人気があります。衣類、靴、バッグに広く使用されているだけでなくタブレットや携帯電話などの身の回り品の装飾にも使用されています。

オリジナル刺繍ワッペン

オリジナル刺繍ワッペン作製するにはデザイン案が必要です。刺繍ワッペンの図案は糸で縫製しますため出来上がり形状はお客様のデザインとちょっと違って細かいところ表現できない可能性があります。刺繍糸と布の色は工場既製色見本帳から選択いたしますまたはPANTONE番号を教えていただければ見本帳の一番近い糸色を選びいたします。ですがPANTONE色チップと違うため、多少色差があります。ご希望の刺繍ワッペンサイズ、縁加工、裏仕様と数量を教えていただければ見積を提出いたします。

刺繍アートワーク

刺繍機械

縁ロック

縁ヒートカット

裏仕様

iron on

アイロン接着

peel off sticker

粘着シート

velcro

マジックテープ

none

なし

アイロン接着について

アイロン接着加工がよく使われてる裏仕様です。ご家庭のアイロンでお洋服やバックに簡単に接着できます。まずワッペンを貼り付ける場所の生地を確認してください。撥水処理された生地や高温に弱い生地ならアイロン接着できません。熱を与えるとワッペン裏ののりが溶けて貼り付け可能となります。

how to iron on the patch-JP
レピア織りエンブレムvs刺繍パッチ

レピア織りエンブレム vs 刺繍パッチ

刺繍ワッペンのほかにレピア織りエンブレムもよく使われております。
レピア織りエンブレムと刺繍ワッペンの違いはレピア織りエンブレムは生地を織る時にロゴ文字を一緒に織り上げることです。緻密な織り方で表面がフラットになり、細かい箇所やロゴ文字を綺麗に仕上げられます。刺繍ワペンに比べ、より細かい表現が可能です。よってデザインが複雑で小さいサイズならレピア織りエンブレムをおススメです。
刺繍ワッペンはレピア織りエンブレムより立体感があります。刺繍ワッペンはロゴ文字を布生地に刺繍することです。デザインによって100%刺繍する仕様または布下地が見える仕様2種があります。
ロゴ文字は糸を織り込むとのことで細かいデザインを表現できない可能性があります。

刺繍ワッペンとレピア織りエンブレムはそれぞれのメリットデメリットがあります。
デザインによってふさわしい仕様で作りましょう。

 

刺繍ワッペン

レピア織りエンブレム

小サイズXV
細かいデザインXV
3D効果VX

刺繍ワッペンは特殊糸や違う留め具と組合せてより良い効果が出ます。
マークテックスは基本糸色以外、特殊糸も提供できます。例えば金銀のラメ、反射糸、蓄光糸などがあり、フェルト生地もあります。

金のラメ

金のラメ

銀のラメ

銀のラメ

蓄光

蓄光

フェルト生地

フェルト生地

製品梱包について

製品梱包について

FAQs

  • ご希望の仕様デザインを教えていただければ適したワッペンの作製方法を推薦いたします。